画像処理システム開発

”見る”革命を
CISと始めませんか。

CISでは、これまでに数多くの、カスタムカメラ、画像認識システム、
画像処理システム等の受託開発に対応して参りました。

当社では、貴社のご用途に応じた、最適な組み込み画像処理システムの開発に
“One-stop-shop” で対応致します。

CISの体制

CISでは、カメラのみならず、レンズ、画像処理装置、
カメラと画像処理装置をつなぐインターフェースの
企画・提案、キーデバイスの選択、メカ・回路設計、
OSを含むシステムソフトウエアの開発・移植から
画像処理ソフトウエアのIP提供・開発に至るまで、
試作から量産のいずれにも対応できる体制を整えております。

画像を使って実現したいことがありましたら
たとえ無理だとあきらめていることであっても
なんらかの解をご提供できる可能性があります。
まずはご相談下さい。

現在、CISではメディカルと画像認識システムの分野での開発に力を入れています。

メディカル

メディカル イメージ

メディカル・イメージングにおけるデジタル化が急速に進んでいますが、当社で培ったClairvu™の技術を用いることで、医療用途に十分耐える、精緻な色再現、高精細な画質、そして高速な画像処理の実現が可能となります。また、当社が得意とするFPGA、DSPを用いた画像処理システムと組み合わせることで、カメラと一体となった、小型の画像処理装置を開発することも可能です。

当社Clairvu™を搭載したFull HDカメラ”VCC-HD1”で撮影した小腸の細胞

画像認識システム

Clairvu™を用いることで、クリアな画像を取得することが可能となります。それを、当社オリジナルの3D NR, HDR (High Dynamic Range)といった処理と組み合わせることにより、視認性をさらに高めることも可能となります。
一方で、当社では長らくTexas Instruments社のDaVinci™シリーズをはじめとするデジタルビデオプロセッサに特化した開発を続け、これまでに多数のプラットホームの開発を受注して参りました。

画像認識システム イメージ

CIS独自の画像処理エンジンとTIのプロセッサを組み合わせることにより、小型・高性能・低消費電力の組み込み用画像処理装置の商品化が可能となります。
このような製品は、高性能な監視システム、食品検査装置、人流解析等を用いたマーケティングツール、画像による識別・分別等、多岐にわたる分野での応用が考えられます。

TIのDaVinci™ビデオプロセッサを内蔵したインテリジェントカメラ”VCC-V90S”

CISは、未だ想像していないような分野での画像処理システム開発にも、積極的に取り組んで参ります。

CISでは、これまでに数多くの画像処理プラットホームの開発を手掛けて参りました。 使用してきたプロセッサも、Texas Instruments社のTMS320DM642, DM643x, DM644x、そして最新のDM814x, DM816xと数多くの品種に携わって参りました。
これまで対応して参りました開発案件としては、センサの評価システム、お客様仕様に基づくカメラから、映像品位の向上に重点を置いたイメージングシステム、画像認識システム、ステレオ画像処理システム等々、多岐にわたります。

画像処理システムの開発に強い
理由があります。

CISは、画像処理システムに関わる
ハードウェア・ソフトウエアのいずれの開発にも精通しており、企画から開発、量産に至るまで、最適と思われる解をご提案致します。

1. CISには、各分野のエキスパート・チームがいます。

CISは、機構設計、回路設計、FPGAのロジック設計、システムソフトウエア開発、そしてアルゴリズム開発を行う、経験豊富な専属チームがあります。
それぞれのチームは、以下の能力ならびに専門知識を有しています。

機構設計 光学の知識、放熱設計、防水・防塵対策、小型化、ピエゾ素子を用いた微動制御技術、
金型等を含めたコストダウン。
回路設計 多用なセンサ(CMOS/CCD)の評価ならびに回路設計実績、アナログ回路ならびにデジタル回路設計技術、小型化、低消費電力設計、GHzオーダーの高速インターフェース回路設計。
システムソフトウエア開発 システム仕様の設計、リアルタイム画像処理、RTOSを用いたシステムソフトウエア開発、ドライバ開発、PCアプリケーションソフトの開発。とりわけ、Texas Instruments社のデジタルビデオプロセッサについては、同デバイスを用いた画像処理システムの開発に長らく携わってきており、豊富な経験を有します。
アルゴリズム開発 顧客アルゴリズムの、Texas InstrumentsのDSP上への最適化ならびに移植。
処理の高速化を実現するため、アルゴリズムレベルでの最適化をご提案いたします。
画像処理アプリケーションソフトウエアの受託開発、自社開発IPのライセンス。
品質保証 新規開発機種の設計検証:電気機能・性能評価、耐振動・衝撃・防塵・放熱等の構造評価、
Safety、RoHS等の法規制への適合など、安全性を含めた信頼性評価。
製造技術 量産前のデザインレビュー:品質のみならず、組立易さなどの生産性を阻害する要因の抽出、改善。
ソフトウェアを駆使した生産自動化の推進。
製造 防塵、静電気対策、温湿度等、厳密に管理された作業環境を管理したクリーンルーム内での、
資格認定された作業者による高品質のモノづくり。

2. CISは企画・提案から、量産まで承ります。

CISでは、製品の企画から量産まで、製品のライフサイクルを通してお客様のお手伝いを致します。
通常は、以下の流れに沿って開発が進行致します。

開発進行図

ご相談いただくタイミングが早ければ早いほど、よりお客様のお役に立つご提案ができる可能性が高まります。
お客様の構想が、できるだけ初期の段階で、是非当社にご相談下さい。

画像処理システム開発は、
CISにご相談下さい。

貴社のご要求に沿うカメラが無くてお困りの方、
実現をしたい画像処理システムがあるがその手段が見つからないお客様、
あるいは実現が困難なため一度断念された方も、
是非一度ご相談下さい。

お問い合わせ方法

お問い合わせの際は、こちらにて「開発委託」の欄をチェックした後、お差し支えの無い範囲で結構ですので、貴社のご要望、システムの概要等につきご記入下さい。折り返し弊社担当者よりご連絡さしあげます。

お問い合わせフォームへ